マッサージの元祖である指圧の効果とは?

世界には古来より語り継がれてきた、さまざまな健康法や医学が存在します。世界各地で伝承されてきた健康法には、その土地に住む人々の経験や知識によって導き出した「高い健康効果」が認められており、現代でもそれらの技術やノウハウはさまざまな分野で活用されています。中でもアジア圏を中心として古くから行われてきた「指圧」と呼ばれるマッサージ法は、現在でもその高い健康増進効果によって多くの人の健康を支えています。

指圧は文字通り「指で圧力を加える」という手法で行われるマッサージのことですが、最近では指だけでなく手の平や指の付け根、肘などを使った施術も行われています。指圧を受けた人の身体は、気と血液の流れが改善されるだけでなく「神経系の機能回復」や「疲労回復」、「内臓機能の向上」などの健康効果を得ることが出来ます。

最近では整体やエステのような施設でも指圧を受けることが出来ますが、より効果的な指圧を受けたいのであれば国家資格を持つ整体師やエステティシャンが在籍するお店を選ぶことが大切です。指圧によって患部に圧力を加えると、血流やリンパの流れを一旦塞き止め、圧を解放することによって血液や体液の流れに勢いが付きます。それを全身に繰り返し行うことで血行を改善し、「冷え性」や「全身のむくみ」、「肩こり」や「腰痛」などを効果的に改善していくことが可能です。また、指圧を行う部位によっては神経系に直接働きかけることが出来るので、弱ってしまった神経機能を回復させるのにも役立ちます。