さまざまな国のマッサージ様式を知ろう

世界にはその国や土地に受け継がれ、伝承されてきた数多くの健康法や医学が存在しています。そうした各国のさまざまな健康法や医学は現在、日本国内で美容の分野に取り入れられて「エステ」などで行われるマッサージや施術に応用されています。世界中で伝承されているマッサージには実にさまざまな種類がありますが、その国や地域によって特徴があるため見分けるのは簡単です。

たとえばアジア式のマッサージとして知られる「タイ古式マッサージ」や「バリ式マッサージ」、「インド式マッサージのアーユルヴェーダ」などはいずれも体内に存在する体液の流れや状態を正常にしたり、メンタル部分のケアを重要視したマッサージとなっています。

次にヨーロッパ式マッサージの特徴ですが、基本的には健康法として伝承されてきた経緯があるので、美容効果というよりも「健康増進効果」を重視して行われる傾向があります。たとえばイギリス式マッサージであるリフレクソロジーは手や足に散らばる無数のツボを刺激して、内臓への反射を利用することで自然治癒力を高め、健康へと導く手法となっています。

また、スウェーデン式のマッサージとして知られる「スウェディッシュ・マッサージ」では特殊な薬用オイルを全身に塗った後で、強めの圧を掛けながら深層部にある筋肉に働きかけます。その結果、普段は刺激を受けない筋肉の働きが活性化することで新陳代謝が良くなったり、痩身効果などを得ることが可能となります。